2009年01月12日

「ある家族の話」

カンボジアの児童買春問題に取り組む、
かものはしプロジェクト共同代表の村田早耶香さんの
mixi日記(※てっぺん大嶋啓介さんのメルマガに紹介されていた文章) に感激を受けた物語がありましたので
シェアします。



ちなみに、
NPO法人かものはしプロジェクトとは




かものはしサポーターとしてカンボジアの子供たちを支援できます。
(月々1000円より)





12月のかものはしクリスマスパーティーに参加したときに
運よく映っちゃいました。




かものはしクリパweb.jpg




では、物語スタート!!!


+++++++++++++++++++++++++

「ある家族のはなし」

サキちゃんのママは重い病気と闘っていました。

死期を悟ってパパを枕元によんだ。

その時、サキちゃんはまだ2歳。

「あなた、サキのためにビデオを3本残します。

1本目はサキの3歳の誕生日に、

2本目は小学校入学式に。

そして3本目は・・・・・の日に見せてあげてください」

まもなく、サキちゃんのママは

三本のビデオを残し天国へ旅立ちました。

サキちゃんの3歳の誕生日。

1本目のビデオがかけられました。

テレビ画面に、病室のママが映し出されました。

「サキちゃん、お誕生日おめでとう。

ママ、うれしいなぁ。でもママはね、

テレビの中に引っ越したの。

だから、こうやってしか会えないの。

パパの言うことをよく聞いて、おりこうさんでいてね。
だったら、ママ、また会いにいくからね。」

サキちゃんの小学校入学の日、

2本目のビデオがかけられました。

「サキちゃん、大きくなったネ。おめでとう・・・。

ママ、うれしいな。どんなにこの日を待っていたか。

サキちゃん、ちゃんと聞いてね。

ママが住んでいるところは、天国なの。

だから、もう会えない。パパのお手伝いがちゃんとできたら、

ママは、もう1回だけ会いにきます。じゃあ、魔法かけるよ。

エイッ!ほうら、サキちゃんは

お料理やお洗濯ができるようになりました。」

そんなある日、パパに義母がお見合いの話をもってきました。

パパは再婚する気はなかったのですが、

サキちゃんの将来を考えてお見合いすることにしました。

パパが結婚の話をサキにした時、

サキちゃんは自分の部屋に走って行き
「サキのママはママしかいないのに」と

ママの写真を見て泣きました。

サキちゃんが結婚を受け入れないまま

新しい母親を迎える日がやってきました。

この日が、3本目のビデオを見る日でした。

タイトルには、こう書いてあったのです。

「新しいママが来た日にサキちゃんに」

それはサキちゃんが10歳のときでした。

「サキちゃん、お家の仕事がんばったね。

えらいね。

でも、もう大丈夫よ。新しいママがきたんだから。

・・・サキちゃん。今日で本当にお別れです。

・・・サキちゃん、今、身長はどれくらい?

ママには見えない・・・・・・。

(ママの泣き崩れ、カメラを抱え込む姿が映る)

ママ、もっと生きたい・・・。

あなたのために、おいしいものを

いっぱいつくってあげたい・・・。

あなたの成長を見つめていたい・・・。

本当はサキちゃんと友達の話をしたり、

ボーイフレンドの話をしたかった・・・。

ひと目でいいから、

サキちゃんの花嫁姿をこの目で見たかった・・・。

・・・・・・サキちゃん、これがママの最後の魔法です。

それは{ママを忘れる魔法}です。

ママを忘れて、パパと、新しいママと、

新しい暮らしをつくってください。

では、魔法をかけます。1・2・3・ハイッ!!」

そこでビデオは終わった。
サキちゃんは魔法の通りに、3人で仲良く暮らしました。

しかし最後の「ママを忘れる魔法」だけは、

サキちゃんにも、パパと、新しいママにも、効かなかった。

ママは、どんなことがあっても忘れることのない

“心の宝石箱”として、ちゃんと残っていた。

+++++++++++++++++++++++

グッときた。

何気ない日常を無事に過ごせることが
どれだけ有難いことなのだろうか。


今日も幸せだなぁ。





posted by およちゃん at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。